カテゴリー: 未分類

B型肝炎の発症原因

B型肝炎は原因ウイルスのHBVに感染すると、必ず発症する病気ではないと考えられています。一過性感染と言って一時的に感染するものの、B型肝炎発症には至らないケースや、持続感染と言って継続して感染が続き体調によってはB型肝炎を発症するケースなど様々です。

また、B型肝炎には急性肝炎と慢性肝炎があり、自覚症状にも相違があります。HBVに感染してから1~6が月程度経過すると、倦怠感や食欲不振、悪心などの症状が出るのは急性B型肝炎です。急性B型肝炎は、一般的に数週間で自覚症状の緩和が起こり、徐々に回復すると言われています。

以上のような自覚症状がないままで発症するのは、慢性B型肝炎と分類されています。一過性の肝炎を発症した場合、治療によって安定した状態を保つことが可能で、その割合は80~90%程度だと言われています。一方で、10~20%が慢性B型肝炎になり、肝硬変や肝臓がんのリスクを考えながら、経過観察する人が出ると言われています。

血液検査や肝機能検査、肝生検などの検査を用いて、現在の状況を確認できるので、不安な場合は医療機関で相談すると安心できるでしょう。家族歴のある方は、注意が必要だと考えられているので、定期的な検査を薦められる場合もあります。

B型肝炎の感染原因

B型肝炎は、HBVウイルスに感染することが原因だと考えられています。その感染経路は、母子感染(垂直感染)以外に、他人から感染する水平感染が挙げられます。現代では母子感染防止が推進されたことによって、若年層のHBVキャリアは減少したと言われていますが、若年層でB型肝炎のウイルスに感染するのは性行為が主な原因ではないかと言われています。

性行為を原因として感染する、エイズやクラミジア症などを総称してSTD(Sexually Transmitted Disease)と呼んでいますが、B型肝炎もこの一種と分類されることがあります。若年層では垂直感染のHBVキャリアは減少しているものの、性行為によって垂直感染をする方は増加傾向にあります。

その後、本人にB型肝炎ウイルスのキャリアの自覚がないまま、検査もせず妊娠・出産となれば、新生児が産道を通る時にHBVに感染するリスクが高まると指摘されています。多人数との性行為の経験があるほどB型肝炎ウイルスに感染する確率が高くなると言われるため、妊娠を計画していない場合の性行為にはコンドームの使用が推奨されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)には、8つの分類があります。ジェノタイプA~Hまでですが、現在若年層に多くなっているのはジェノタイプAと言われています。タイプによって症状にも特徴があります。

B型肝炎の原因行動

B型肝炎は、HBVという原因ウイルスに感染することで発症の可能性が高くなると言われています。感染経路は2通りありますが、HBVに感染すると確実に発症するとは断言されていません。ただし、どのような感染をして、どのような症状が起こるのかを把握しておくことも重要になるでしょう。

このサイトには、B型肝炎の原因となるHBVが感染する経路や、万が一発症した場合の自覚症状などについて掲載しています。B型肝炎の可能性を不安に感じる方にも、役立つ情報となれば幸いです。また、妊娠を計画する人が安心するにも役立つ情報を集めています

B型肝炎のウイルスには、いくつもの種類があるので、自覚症状にも多少の違いがあると言われます。また、急性と慢性では自覚症状の有無や、治療などの対処方法が異なることも指摘されています。まず、B型肝炎ウイルスの感染と、感染してから発症するまでの流れ、さらには発症した場合の自覚症状を知ることが大切です。

急性の段階で発見できれば、早期に治療を開始することもできるため、治癒の可能性が高いと考えられています。慢性化した場合でも、すぐに肝硬変や肝臓がんのリスクが高まる訳ではないので、医療機関で経過観察しながら安定させられると考えて良いでしょう。症状や経過には個人差がありますが、B型肝炎のウイルスに感染だけで、悲観しなくても良い環境が整っていると思って構いません。

B型肝炎になる原因が分かれば、予防のために必要な対策を検討するにも役立つでしょう。